[Windows] ImgBurnの設定

気になったので設定について調べて見た

・バッファサイズについて
バッファサイズについて調べてみたところ、どこのHPでも高くすればおk
みたいなことを書いてあったが、これは間違い。
いや間違いではないがメモリの無駄使いというか低スペックのPCでやると不安定になりますし、書き込みの条件によって値を変えるべき

バッファサイズは、CD/DVDやハードディスクから読み込む際に使用される一時領域です。
メディアに焼く際、データを直接ハードディスクから読み書きするわけではなく一時的に”バッファ”に読み込みそれを書き込みします。
これはハードディスクの転送速度が一定ではなく可変的なので最初にバッファの中にデータを格納しそれを読み書きするようになっています。
CD/DVDの読み込みも、ドライブから直接ハードディスクに読み書きがされているわけではなくCD/DVDから読み込まれたデータを一時的にバッファに格納しハードディスクに書き込まれています。
要するにバッファは一時データを格納するのに使用出来るメモリの領域です。

48倍速で書き込むなら512MBに設定してもいいが4倍速や1倍速で書き込むのに512MBもメモリを割り当てるのは意味がない。
ImgBurnの公式フォーラムによると初期設定の40MBの割合は、980MBのRAMで40MB。それ以下のメモリであれば20MBに設定するといいとのこと。

・SPTD can have a detrimental effect on drive performance
SPTIはMicrosoftのI/Oインターフェイス
SPTDはDAEMON Toolsなどの仮想インターフェイス
このエラーは上記のデバイスでのエラーであり、自分のドライブがちゃんと動いていれば問題はナシ

※間違いがありましたら指摘お願いします。

日記

Posted by zipt